訴訟
VR

ガラスワインボトルの色が異なるのはなぜですか? - @ガラス


としてガラスワインボトル工場ワインボトルの色は、ライトグリーンから無色透明、茶色、青など幅広い色が見られますが、これらの色は偶然ではなく、慎重に選ばれたものです。消費者の注意を引くためでしょうか、それとも保管のために光を避けるためでしょうか?このワインボトルの色の話には、まだまだ続きがあります。


1. ワインボトルで最も一般的な色はなぜ緑色ですか?


17世紀から18世紀に遡ると、ワインボトル 最初に登場し始めた頃、緑はワインボトルの最も本物の「本当の色」でした。当時のガラス製造技術の限界により、ガラス製品は本来緑色をしており、無色透明のガラス瓶を作ることは不可能でした。ガラス製造の原料(砂、石灰石など)には鉄化合物を含む不純物が含まれており、当時の技術ではこれらの不純物を除去できず、これが当時のガラス製品の緑色の根本原因でした。時間。


2. なぜ白ワインやロゼワインは透明なガラスに瓶詰めされることが多いのですか?


透明なガラス瓶は、人々に新鮮さと透明感を与え、消費者の目の前でワインを一目で示すことができます。透明なガラス瓶は現代の製造技術の進歩を示していますが、このようなガラス瓶は瓶詰め後1~2年で飲みきるワインにのみ使用され、そうでないとワインが酸化しやすくなります。したがって、ワインを長期間保存する必要がある場合は、色付きのガラス瓶に入れることがほとんどです。ただし、色付きのガラス瓶に入ったワインが常に保存に適しているというわけではありません。


3、色の付いたワインボトルの役割は何ですか?


ワインは明るい光にさらされると劣化しやすくなります。光に含まれる紫外線がガラスを透過し、ワインの酸化を促進するためです。このため、ワイナリーはワインへの紫外線の影響を最小限に抑えるために濃い色のボトルを選択することがよくあります。たとえば、モーゼル地方のワインは緑色のホッカーボトルに詰められることが多く、ライン地方のワインは茶色のホッカーボトルに詰められることがよくあります。色付きのワインボトルは光や温度の変化からも保護し、赤ワインの劣化や損傷を防ぎます。合理的に設計されたネックとコルクを備えた赤ワインボトルは、ワインの新鮮さと風味を維持することができ、ワインの一滴一滴がボトルの中で静かに熟成し、テイスターが楽しむのを待ちます。


基本情報
  • 年設立
    --
  • 事業の種類
    --
  • 国/地域
    --
  • メイン産業
    --
  • 主な製品
    --
  • エンタープライズリーガル人
    --
  • 総従業員
    --
  • 年間出力値
    --
  • 輸出市場
    --
  • 協力したお客様
    --
Chat with Us

お問い合わせを送ってください

別の言語を選択してください
English
العربية
Deutsch
Español
français
日本語
Português
русский
現在の言語:日本語