ニュース
VR

ガラスとクリスタルの違いをご存知ですか?

4月 10, 2023

科学技術の絶え間ない発展に伴い、さまざまな素材が人々の日常生活に広く使用されています。ガラスやクリスタルの姿を目にする機会も多くあります。両者は見た目は似ていますが、実は成分、製造工程、性能などの点で大きく異なります。ガラスとクリスタルの違いを知っていますか?


        

        

        

1. 組成の違い

ガラスは非晶質の無機非金属材料であり、主成分は酸化ケイ素 (SiO2) などのケイ酸塩であり、性能を向上させるためにアルカリ金属酸化物やアルカリ土類金属酸化物などの他の成分がドープされています。水晶は主に天然水晶と人工水晶に分けられます。天然結晶とは、自然に形成された格子構造を持つ二酸化ケイ素(SiO2)を主成分とする鉱物の結晶です。人工水晶とは、主に酸化鉛(PbO)を一定の割合で含む合成ガラス素材である鉛水晶を指し、その格子構造は天然水晶に似ています。

2. 製造工程

ガラスの製造プロセスには通常、溶解、成形、冷却のステップが含まれます。原料を高温の炉で粘稠な物質に溶かし、エアブローや浮上法などで成形し、最後に一定時間冷却することで硬質で透明なガラス製品となります。結晶の製造は結晶成長プロセスに依存します。天然の結晶は、地殻深部の高温高圧の環境下で、長期間にわたる鉱物の堆積と結晶の成長によって形成されます。人工結晶は、研究室や工場内で温度や圧力などの条件を制御して人工的に成長させたものです。

3. 性能の違い

1. 屈折率: 結晶の屈折率は通常、ガラスの屈折率よりも高く、特に鉛の含有量が高い結晶はより高くなります。屈折率が高いため、結晶は光を屈折させる能力が強くなり、独特の光沢と輝きを見せます。

2. 硬度:天然水晶の硬度は一般にガラスの硬度より高いですが、鉛水晶の硬度は通常のガラスの硬度よりわずかに低い場合があります。


基本情報
  • 年設立
    --
  • 事業の種類
    --
  • 国/地域
    --
  • メイン産業
    --
  • 主な製品
    --
  • エンタープライズリーガル人
    --
  • 総従業員
    --
  • 年間出力値
    --
  • 輸出市場
    --
  • 協力したお客様
    --
Chat with Us

お問い合わせを送ってください

別の言語を選択してください
English
العربية
Deutsch
Español
français
日本語
Português
русский
現在の言語:日本語